COMMENTAIRES AUDIO de l’exposition « Le Thé - Histoires d’une boisson millénaire »

Par Jean-Paul Desroches, commissaire de l’exposition et conservateur général, section Chine du musée Guimet.

Mini sites

MINI SITES D’EXPOSITIONS Clemenceau, le Tigre et l'AsieDu 12…

Offres de stages

AUCUNE OFFRE ACTUELLEMENT

Fondation AREVA

  Pour une culture toujours plus accessible AREVA est aux…
(JPG)

Sho 2, 100 maîtres calligraphes contemporains du Japon

Le musée Guimet et l’Association de calligraphie Mainichi Shodokai présentent pour la seconde fois, un ensemble exceptionnel de 100 calligraphies japonaises contemporaines. Exposées dans les salles Japon du musée, elles seront issues du 65ème concours annuel, organisé par la fondation à Tokyo.

(JPG)

Le Thé - Histoires d’une boisson millénaire

Prolongation jusqu'au 28 janvier 2013 - Exposition temporaire

Visites guidées des collections

Découvrir les œuvres majeures du musée Guimet, situer leur place dans l’histoire de l’art des pays concernés, comprendre leur portée religieuse ou historique, telle est la vocation de ces parcours au sein des collections permanentes.

Conférence Rochers étranges et pierres de rêve : le goût des lettrés chinois

Conférence enregistrée à l'auditorium du musée Guimet le jeudi 24 mai 2012.

Conférence Voyage au pays des lettrés - A propos de l’exposition « Rochers de lettrés »

Conférence enregistrée à l'auditorium du musée Guimet le jeudi 12 avril 2012.

Archives photographiques

Vous pouvez consulter les archives photographiques du musée Guimet en prenant rendez-vous auprès du responsable.

Photographic archives

You may consult our photographic archives by making an appointment with the person in charge of the department.

Partenariats d'exposition

Partenariats du MNAAG avec d'autres institutions culturelles

MP3 - 1.3 Mo

Interview d'Hélène Bayou à propos de l'exposition Konpira-San

Hélène Bayou, conservateur en chef du patrimoine, en charge…
(JPG)

Au jardin de Krishna Riboud

Accrochage photos de Marc Riboud en hommage à Krishna Riboud.

OUVERTURE EXCEPTIONNELLE ! Trois Nocturnes les 22, 27 et 29 décembre.
Dernier accès à l’exposition à 21h , fermeture à 21h30.
(JPG)

Autour des expositions temporaires

Des activités vous sont proposées dans le cadre des expositions temporaires du musée Guimet.

(JPG)

용문항아리

구름을 타고 하늘을…
(JPG)

나무로 제작되어 옅은…
(JPG)

조만영의 초상화, 고위관리

이 초상화는 자연주의와…
(JPG)

십폭병풍 : 화조화

이한철(1812 1902)이 사용한…
(JPG)

여덟폭병풍 : 풍속화

비단에 채색한 이 병풍은…
(JPG)

매병, 유약 도자기

이 큰 자기의 ‘매병’이라는…
(JPG)

목조여래좌상, 강론 모습

이 ‘여래좌상’은…
(JPG)

아발로키테스바라, 천수관음보살

이 인상적인 철조 작품은…
(JPG)

반가사유보살상

동으로 주조하여 도금한…
(JPG)

신라 왕관

시베리아 초원지대에서…
(JPG)

伎楽面

この伝統演劇「伎楽」の面は、インド神話に登場する霊鳥カルラ(迦楼羅)を表している。カルラは仏教の八部衆の一として日本の仏教図像に取り入れられた。この鳥の顔は赤い羽をまわりに付け、玉をくわえた鉤型のくちばしで獰猛さが強調されている。今は紛失してしまっているがとさかも付いていた。伎楽面はその様式的、図像学的要素を見ると、中国の影響のみでなく、中央アジア、さらにはギリシャからの影響も考えられる。…
(JPG)

遮光器土偶

 横に割れた大きな目に特色があるこの小立像は遮光器土偶と呼ばれる。これは、北方民族のイヌイットが雪中の光よけに着用していた器具によく似ているためである。別説によれば、これは瞼(まぶた)を閉じたものであり、死後の世界にいることを意味するともいわれる。頭の上に冠を頂いたような髪型、鼻は眉毛のない2つの目の中間に開けられた1つの穴である。レリーフ状になった2本の帯が首飾りとして首のまわりに輪を描いている。上半身は調和のとれた曲線が、幅広の腰幅と肩幅を描いたのち、2本の腕に伸びている。そしてその表面には、点の連なった1本のロープのような曲がりくねった模様が描かれている。このタイプの土偶は女性像に限定されており、さらには体の大きさに比較して小さく作られた手足に特徴がある。このような土偶は一般的に縄文晩期のものである。日本北部、とくに東北や関東地方で発見されている。…
(JPG)

硯箱(すずりばこ)

蓋に描かれているのは庭と東屋である。東屋では薫源氏が自分の硯箱の横に座って瞑想をしている。その向かいにはたそがれ時の山の景色が、大和絵に特有の風景として、平目地の地に描かれている。手前には風に倒された菊の花と釣鐘草が写実的手法で描かれ、その装飾画は蓋の裏側と硯箱の内側に続く。箱の内側にはお香入れの4つの箱が並べられており、その装飾の図柄は『源氏物語』52章を彷彿とさせる。漆の花器に生けられた葵、松と梅の枝木のなかで鳴くウグイス、秋の花々の上で音を奏でる2匹のコオロギである。…
(JPG)

武蔵野(伊勢物語)

この3枚続きの錦絵は伊勢物語の一場面である。禁じられた愛がゆえに人目を避け逃げる2人。雲母(きらら)をふんだんに使用して描かれる満月に照らされ、武蔵野に茂る葦の足もとに隠れる恋人を映し出す。この場面は、国守の追手たちに見立てる5人の女性に2人が見つけられたところで、その女性たちが提灯を持って追いかける姿が他の二枚の画面に描かれる。その艶かしさ、可憐な美しさにおいて、この女性の表現は、繊細な心理的描写を表現する歌麿の様式の特徴を示すものである。歌麿は、細い体つきの、誇り高くも控えめな新しい理想の女性像を描き出している。彼はこの版画の自然の中の恋人たちの他、当時の世に名をはせた愛人たち、遊女の肖像、吉原(江戸の遊郭)で見る官能的な場面なども主題にした。…
(JPG)

色絵三壷文皿

この柔らかなカーブを描いた皿は高台(こうだい)が高く、木盃(もくはい)と呼ばれる形をしている。この高台には櫛歯状(くしはじょう)と呼ばれる線が等間隔に描かれている。この非常にオリジナルな三個の壷は、鍋島焼独特の表現であり、優れた繊細さと、装飾性における明快な構成を示している。これらの要素は1680年頃に定まった様式上の方式にしたがったものであり、鍋島の磁器特有の美しさに磨きをかけたものである。この様式の磁器は、その深い自然感、大胆な構成、色調の選び方を錦絵から取り入れている。その製品には、色素の材質や釉薬によってさまざまな種類がある。多色の装飾のものは鍋島焼の最も洗練された様式を代表するもので、主に青、緑、黄、それとしばしば主なモチーフの花に用いられた赤などを使用したものである。…
(JPG)

六曲一双屏風「宇治川扇面流し」

屏風の端から端にかけて、ゆるやかな起伏の土手の間に流れる川を描いた景色。平安時代(794年-1185年)から描かれている“名所”である。水に浮かぶ車輪、漁に使う梁(やな)、銀色を帯びた川の流れから宇治川であることがわかる。川に流されてくる扇面は、次々とやってくる流れのリズムを刻んでいるようであり、その鮮やかで不透明な色彩は、酸化した銀粉によって色調のトーンを抑えた水流とコントラストを描く。詩的な構成と自由な装飾は平安時代の文学的情緒をほのめかすものである。このようなテーマの結びつきは珍しく、この屏風を特徴づけるものである。金箔地に広がる絢爛豪華さに特色がある絵画は、桃山時代から江戸時代初期にかけて見られる。…
(JPG)

瞑想達磨

 画家、白隠慧鶴は、中心人物の人となりとなるディテールやその背景となる図柄をまったく無視して、9年もの間、岩壁に向かって座禅を続けたという禅宗の開祖、達磨(菩提達磨)の瞑想の純粋な表現に成功している。シルエットの抽象化、書を思わせる力強く、すばやい筆致から感じさせる荒々しいエネルギーは、この達磨の体からばかりでなく、作者の手からも発散しているようである。「己の内面を見て、人は仏陀になる」という意味の賛もこの精神的求道者を表す肖像に呼応している。合理主義と思考の体系化を否定する臨済宗の教えを反映し、白隠の本能的で書家的な芸術は、精神における無限の自由の鍵を握っているようである。…
(JPG)

普賢十羅刹女図

手を合わせて祈り、六牙の白象とともに、大飛雲上に乗って現れるこの像は、普賢菩薩(サンスクリット語:Samantabhadra)である。六牙は仏教における菩薩修行徳目の六度(六波羅蜜)を象徴している。この菩薩は実践を意味し、群青の地に、蓮華座の上に主尊として、截金(きりかね)によって描かれる光のすじを放射する金色の二重光背を負って現れる。普賢菩薩をお供する一行もまたこの絵画を特徴づけている。これは羅刹女(サンスクリット語:Rakshasi)であり、超人的な力を持つ女性たちである。彼女たちの役割は、普賢菩薩のそれに近く、法華経の信者たちを守ることにある。この絵画の下方、両角の部分にも光背を負った二天王が描かれている。…
(JPG)

聖観音菩薩立像

 この像は慈悲そのものの尊格である観音菩薩である。蓮華座上に立ち、左手には仏教において清らかさを象徴する蓮華の花を一輪持っている。この尊像は日本ではとりわけ平安時代後半に信仰された観音菩薩の初期の像容をしている。この像の特徴から、この像は阿弥陀三尊の脇侍であり、西方浄土の主である阿弥陀仏を中尊として、知恵を象徴する勢至(せいし)菩薩と対をなす一体であったことがわかる。様式の点から見ると、この作品は当時の藤原摂政がつくらせた最高級の作品に近いものである。定朝(じょうちょう)派の影響のもと、観音菩薩はその完璧な姿と肉感的な造形からして、当時の作例のなかでも古典作品である。1124年に建立された中尊寺の金色堂の祭壇におかれた諸尊像の軽快な腰回りと柔らかい表情が非常に似ており、この観音菩薩が12世紀初期の作品ではないかと推定される。…
(JPG)

埴輪(はにわ)

 冠りものを戴 …
(JPG)

哈薩克貢馬圖

這幅畫描述西部民族的哈薩克人向乾隆獻貢馬,表示效忠滿清王朝。皇帝鎮靜的面孔,線條精確微妙。乾隆坐在屏風前的平臺上,四周圍著有限的幾個人。構圖與其說是東亞不如說是歐洲繪畫傳統。畫卷顯然不是依次分段鋪開,而是整體展現,以求真切的視覺效果。同樣地,馬匹也按西方現實主義手法描畫,郎世寧在這方面實為高手,顯得空曠的環境,烘托出俊馬是如此強壯。馬身立體描繪分外出色,色彩層次過渡令人毫無察覺。…
(JPG)

前赤壁賦(書法)

這件作品為一次友會時即興而書,附有長跋。作品屬於北宋傑出的書法傳統,沈周幾乎將其視為唯一參考的典範。他尤其推崇詩人,書法家,評論家黃庭堅(1045-1105年)。黃庭堅是寫“前赤壁賦”的大詩人蘇東坡(1031-1101)的好友。蘇東坡把宋代當時出土古文物當成靈感的源泉,看作為簡樸,有表現力,充滿生氣的典範。而對這種典範的回應,給黃庭堅的書法增強了創造能力,使其也成為傳統中的一員。…
(JPG)

敬亭秋色

這幅畫忠實於中國傳統散點透視方法,分層構畫石峰密林景色,中部一瀑布投入一溪水,在秀木簇葉掩映之中,一人立於亭邊,欣賞山光水色。在跋文中,作者詳敘創作緣由,其中一句為:“睹倪,黃,石,董真跡,日過形隨,又覺數日寢食有味。”…
(JPG)

竹葉

這幅豎軸按巧妙漸進的佈局,在整幅高度用單色水墨畫出一叢竹梢。近景竹葉墨色濃重,遠處則筆觸清淡,暗示霧氣飄渺。竹子作為有象徵的植物,枝葉與筆劃線條相似,歷來令書法家感興趣。…